「環境フットプリント」支援サービス

 

1) LCA支援サービス

  • LCAのメリット

 欧州の環境フットプリントに見られるように、製品の環境性能をライフサイクルで評価するLCA(Life Cycle Assessment) が、商取引の中で不可欠になってきています。LCAは主に、以下の取組に活用することができます。

 

  • CDPの気候変動に関する質問書への回答

  • 削減貢献量」- 従来使用されていた製品・サービスを自社製品・サービスで代替することによる、サプライチェーン上の「削減量」を定量化します。つまり、企業は、自社の製品・サービスによる他者の削減への貢献を「削減量」としてアピールすることができます。

  • 「エコデザイン」- 開発の初期段階で、多くの環境影響を考慮して、製品設計します。

  • 「環境効率」- 製品が環境へ与える負荷を、製品が提供する価値と比較します。

  • 「ライフサイクルコスティング」- 製品のライフサイクルにかわるコストである「内部コスト」と、LCAを経済価値に換算した「外部コスト」とを比較します。

  • LCA支援の流れ

 

①LCA支援

【期間の目安】

 製品の部品点数、製造プロセス、生産工場数などにより、6か月~1年程度

【業務の流れ】

 1) 事業内容、算定の目的、算定範囲などのヒアリング

    2) データ収集内容の協議

    3) 算定方法の検討

    4) 算定結果の評価

    5) 算定改善のアドバイス

 

 ②LCAクリティカルレビューの支援

【期間の目安】

 算定の完成度により、6か月~1年程度

【業務の流れ】

 1) 事業内容、算定の目的、算定範囲などのヒアリング

    2) 算定結果の評価

 3) LCA報告書の作成支援

    4) LCAクリティカルレビュー支援 (クリティカルレビュー実施機関によるレビューにかかる期間の目安は2〜3ヶ月程度)

  

 

2) エコリーフ環境ラベル

  • エコリーフ環境ラベルのメリット

 エコリーフ環境ラベルプログラムは、LCAの結果を元に、複数の環境側面を情報開示する「タイプⅢ環境宣言(EPD)」を行うエコリーフと、地球温暖化負荷に限定した宣言を行う「カーボンフットプリント(CFP)」があります。主に以下のメリットがあります。

  • CDPの気候変動に関する質問書への回答

  • グリーン購入・調達の信頼感向上に役立ちます。

  • 消費者評価の向上により、市場競争力を強化します。

  • 組織内意識の向上により、環境経営を発展させます。

  • LCA支援の流れ

①PCR(商品種別算定ルール)の作成支援

【期間の目安】

 エコリーフ・CFPともに、製品の部品点数、製造プロセス等により、4~6か月程度

【業務の流れ】

 1) 製品内容、算定の目的、算定範囲などのヒアリング

    2) PCR策定の説明

    3) PCR策定の支援

 4) PCRレビュー対応支援(1ヶ月程度)

②算定・検証の支援

【期間の目安】

 エコリーフ・CFPともに、製品の部品点数、製造プロセス等により、3~4か月程度

【業務の流れ】

 1) 製品内容、算定の目的、算定範囲などのヒアリング

    2) 算定方法の説明

    3) 算定の支援​

    4) CFP検証対応支援(1ヶ月程度)

 

サービスに関するご質問やお見積もりは、以下フォームよりお問い合わせください。

©2019 by Value Frontier Co.,ltd.