©2019 by Value Frontier Co.,ltd.

【ベトナム】
クアンチ州における農業・観光振興プロジェクト

【キーワード】

​農業・観光振興、地域産業化

【背景】

 ベトナム中部のクアンチ省は、その土地の多くが山林か砂地という自然環境から、農業開発が遅れている地域です。そうした逆境を逆手に、岩手県北上市にある(株)西部開発農産は、クアンチ省の砂地で砂丘メロンの栽培を開始していましたが、自然環境等の違いから、同社が目指す高い品質のメロンを栽培することが困難な状況にあり、またその栽培を持続的なものとすることに課題がありました。

 そこで私たちValue Frontier㈱では、砂丘メロン栽培にかかる技術改善及び同地域における持続可能な産業づくりに貢献するアプローチが必要と考え、クアンチ省で事前調査を行いました。

 調査の結果、㈱西部開発農産が目指すメロンの品質が、必ずしもベトナム人やタイ人、ラオス人の嗜好に合うとも限らないため、まずは幅広い種から嗜好に合う種を選定するためのマーケティング調査を行うことが重要と考えました。また、選定された種を、砂丘メロン栽培の専門家の力も借りて改良し、ブランド化を行うことで、ハノイやホーチミン等の大都市に居住する消費者に販売するのみならず、クアンチ省の南にあるフエやダナンを目当てにやってきた観光客にクアンチ省にも立ち寄ってもらい、販売することが重要な戦略になると考えました(クアンチ省はハノイとホーチミンを縦断する国道と、タイと(ラオスを経由して)ベトナムを横断する国道が交差する要衝の地にあります)。

【案件化調査】

 事前調査を元に㈱西部開発農産に提案を行い、同社は砂丘メロンの栽培を通じた、クアンチ州の農業・観光振興事業に着手することになりました。そして2019年にJICAの「中小企業・SDGsビジネス支援事業~案件化調査(中小企業支援型)~」に採択されました。案件化調査は2020年1月~2020年12月にかけてクアンチ省で実施される予定です。

【コンサルティング内容】

 私たちValue Frontier㈱は、長年のODAコンサルティングの専門的知見とネットワークを活かして、本プロジェクトの企画、JICAへの提案書作成から調査、現地政府やJICA、プロジェクト関係者との折衝等、コーディネーション全般を担当しています。


【関連リンク】

JICA案件化調査(中小企業支援型)

(株)西部開発農産