トップページ » 2015年09月

Ayubowan~スリランカフィールドスタディのお手伝いをさせて頂きました。

こんにちは、南原です。
最近家族や友人に「何の仕事してるの?」とよく聞かれます。いつもざっくりと「国際協力と環境のコンサルティング仕事だよ」と答えるのですが、御承知の通り結局「何それ?」という話になります。そこで次に個々のプロジェクトを掻い摘んで説明するといったいつもの流れがあります。
先日も法政大学人間環境学部のフィールドスタディという授業の海外研修(スリランカ8泊9日)に同行させて頂いた際、学生たちから同じ質問を受け、出来る限り分かりやすさを意識して、シンプルに説明を試みましたが、分かってくれたかな…。
そんなことからも、もっとどんなお仕事をしているのかをこのブログを通じて発信して行きたいなと感じています。

さて、前述のフィールドスタディですが、弊社では主に法政大学人間環境学部のフィールドスタディの一部で、企画の提案や実施、現地での様々な手配及び案内・通訳等でお手伝いをさせて頂いています。
今回は、26人の学生たちと、スリランカの人々の暮らしと国際協力の現場を五感で知る、というテーマで、

P8251105.JPG

スマトラ島沖地震による津波の被害を受け、復興したゴール港を訪問したり、

P8261197.JPG

津波によって移住をすることになった人々の新しい村で住民にインタビューを行ったり、

P8271242.JPG

原生熱帯雨林が残るシンハラジャ森林保護区でスリランカ固有の生き物を観察したり、

P8281274.JPG

お釈迦様の歯が納めてあるという仏歯寺を訪問し、スリランカの文化に触れたり、

P8291346.JPG

世界遺産のシギリヤロックに登ったり、

P8311478.JPG

現地の大学と交流をしたり…、となかなか盛りだくさんな内容でした!

特に今回はシンハラジャ森林保護区では、生物多様性学習のお手伝いをするということで、学生と一緒にスリランカと日本の森林の違いを考えるというアクティビティーを行いましたが、

P8271244.JPG

あいにくの雨…。降ったりやんだり、時には大雨になったりと、かなり不安定なお天気でした…。

さらに、大量のヒルが…。(学生たちのヒルを取るのに夢中で、肝心のヒルの写真を撮り忘れていました。)
シンハラジャ森林保護区には、ヒルがたくさんいることは、事前に分かっていたのでその対策として全員ビニール袋のようなものを靴下の上から履き、足首で縛って固定することでヒルが入ってこないようにしていましたが、それでも気づかぬうちに、ヒルは靴やズボンをよじ登って、袋の中に何とか侵入しようとして来ます。靴下の上からヒルに噛まれてしまった学生もいました。

…お分かりの通り、女の子たちは大パニックでした(笑)

ともあれ、シンハラジャでは、本当にたくさんの生き物と出会う事が出来ました。私は日本でもよく山登りを行いますが、一度にこんなにたくさんの生き物を見たのは初めてかもしれません。

P8271257.JPG

保護色を使っているトカゲ。シダ植物の上で頻繁に見られました。

P8271252.JPG

セイロンサンジャクという固有の鳥だそうです。

P8271251.JPG

とてもきれいな色のヘビ。3匹くらい見ることが出来ました。

P8271248.JPG

これは果実でしょうか。

P8271227.JPG

ビールのピッチャーの形に似ているこのような植物を「Pitcher Plant」というそうです。

これまで森林管理を巡る人々の関係性などに興味を持ってきましたが、シンハラジャ森林保護区に行って、もっと森林生態学的な視点から森林を見ることや、日本の森林に精通することの必要性を感じました。もっと勉強していきたいと思います!

また今回お手伝いをさせて頂いた身としては、参加した学生たちにこの「フィールドスタディ」を「経験」だけに留めるのではなくて、「新たなきっかけ」として捉え、今後色々チャレンジしてもらえればと思っています。そういう嬉しいニュースを心待ちにしています!

P8291327.JPG

最後の写真は、スリランカのカレー。スリランカは、様々な種類のカレーをいっぺんにお皿に載せ、混ぜながら食べるというスタイルです。色が賑やかでなんだか楽しかったです。ただ、とっても辛いので、私はヨーグルトを混ぜて食べていました。(これが以外にも美味しい!)あと上に写り込んでいるのはビールではなく、ジンジャービアという向こうのジュースです。お昼からお酒飲んでいませんからね。(笑)

それでは、Ayubowan~!
ayu (long) + bowan (life):スリランカ語で、こんにちは、さようならなど挨拶全般に使用出来る言葉で、相手に長生きをして欲しいという思いが込められているのだそうです。深い。

▲ PAGE TOP

Posted by   2015-09-07 18:32  | Page URL  | Trackbacks (0)
<  2015年09月  >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30