トップページ » 2014年04月

インターン奮闘記 第二弾:初めまして、イギリスへ留学する前の貴重な体験

初めまして、3月からインターンシップをしている周です。

私は今年の10月にイギリスの理系大学―インペリアル・カレッジ・ロンドンに留学する予定です(いつも、理系女だ!と笑われます..)。留学する前にGap Yearでもとろうかなと思い、インターンシップ先を探していました。そして!!たまたま、友人の紹介でValue Frontierにインターン生として受け入れてもらえました。
しかも、実際働き始めてのは、なんと!!紹介して貰ったその日からでした^^いきなりでしたが、私はシンガポールの高校を卒業して以来毎日家でだらだら過ごしていたので、受け入れていただいたその日から貴重な経験をさせてもらうことだけで感謝感激です。。

年度末ということもあって、Value Frontierの皆さんは大変忙しい毎日を過ごしていたようです。ですので、インターンの私はきちんと働らかせていただきましたよ~(弁当買いとお茶を入れるのではなく)。それでは、私がどんなお仕事をしたのかをこれから紹介していきたいと思います。

%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG


あしたば災害復興事業

あしたば災害復興プロジェクトは、2012に成立したばかりの復興庁に提出する案件で、その提出期限は3月20日…..私がインタンを始めた日から3日後…..ということで私は、いきなり大きいプロジェクトのお手伝いをしました。

あしたばはかなりマジカルな植物(薬草)でガン予防効果や坑エイズ作用、抗菌作用など、沢山の効能効果が潜めています。あしたば災害復興事業は「今日摘んでのすぐ明日新芽が出る」あしたばを利用した塩害の改善や農業の復興を目指しています。

基本的に私がした仕事はあしたば災害復興事業に参加している団体の経費内訳・見積りのチェックや修正です。一見単純な作業なんですが、、見積りの間違いが以外と多かったです。なぜなら、平成26年度は消費税8%に引き上げるので、消費税をまだ5%にしていた団体が多かったです。なんか、人の間違いを見つけることで、達成感が出ますね~

初めに携われた仕事が、これからはないという程、大きい尚且つ貴重な体験でした。今後もこのプロジェクトがより一層広がるように、推進などをお手伝いしていきたいです。(いつもご迷惑をお掛けしていますけど。。)

フィリピンの植林プロジェクト、シャディ~

南原さんもシャディについて書きましたが、シャディはもうすでに大きなプロジェクトになり、カタログなどを通じて募金をしています。プロジェクトの報告書やデータに目を通していないが、私の役目は、募金して頂いた心優しい皆様に植林証明書をいう証書を送ることです。社会の皆のお陰で、フィリピンの植林プロジェクトができたことをつくづく思います。^^

2週間を振り返って

最初、Value Fronteirは一体どんな会社なんだろうを疑問を持ちつづ、インターンを始めました。でも、いまは環境業界でどんな問題があるのか?解決策は?という問題が浮かびほど、環境に興味を持ちました。今後バイオテック分野の進歩や発展が楽しみですね~(自分もバイオテック分野に進もうかなと最近は進路を変えたい程です。)

この2週間は、やるべきことをしっかり与えられたので、責任を持ってプロジェクト等に携わって来ました。今週末でインターンシップは終わるのですが。。。これからも、環境に関心を持ちつつ、大学でボランティア活動をしていきたいです。

また、Value Frontierの皆さんはすごくフレンドリーで、業務外の時間には、いつもお話をしてくれます。今でも覚えているのは、私が進路を迷っていて、「将来の見えない、安定しない人生が怖い」と言った後、社長が「でも、将来の見える人生はつまらないよ。」と言った一言です。なんで良い言葉なのだろうと思います。―>(イイコト言うじゃない~って言いたいけど、生意気なのでやめておきました、笑)若いうちに、刺激を受け、挑戦する精神を持て行くべきですね。本当に、毎日感化されています!

23.jpg
昨日の懇親会の写真です

Value Fronteir でインターンをしたいあなたへ、仕事で実践ことは学校活動と違い、責任を持つことでもあります。でも、その代わり、学校より何倍もの勉強をさせて貰います。これがValue Fronteirの魅力です。

▲ PAGE TOP

Posted by   2014-04-01 12:02  | Page URL  | Trackbacks (0)
<  2014年04月  >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30