トップページ » 2012年09月

サウジアラビア三昧~滝、大好き~

みなさんこんにちは、Value Frontierの土屋です。

もうすっかり秋ですね♪

Forestoryブログもスリランカブログも全く進んでいませんが、また新しい記事を投稿してしまいます。

Value Frontierでは、国内外の研修・視察ツアーのアレンジ・同行のお仕事も承っております。


今回、スリランカから帰国してすぐ、サウジアラビアの職業訓練公社から15名お客様が来日し、2週間、葉山と渋谷で研修を受けられ、私はそのアテンドをさせていただきました。

ものづくりの国、日本の技術や職業訓練校の視察、戦略マネジメントや改善手法などの研修を受講するプログラムです。


人生で初めて会うサウジアラビア人。

みんなひげ生えていると聞いてました。



本当だーーーーーー!!!


どうしましょ、異世界です。


研修がお休みの土曜日には日光に日帰り観光に行きました♪

サウジアラビアは砂漠の国なので、川や自然のアクティビティを入れたら喜ばれるのではと思い
鬼怒川ライン下りに挑戦しました。


みなさん大喜び!
特に滝を見たことがない方が多く、小さな滝を見て大騒ぎ。

なかなかまとまらない笑

川を下りながら全員で歌を歌い始めるごきげんっぷり。
嬉しそう~~

下船したところで川魚にトライ。お口に合ったようで「美味しい!」と言ってました。


研修では、東京都の職業訓練校にて、「三次元CAD・CAMモデル」「板金溶接」「メカニカルデザイン」「金型加工」の4科目を見学させて頂きました。
今回いらっしゃった15名の方々は、これらの科目がご専門だそうで、大変興味深く見学されていました。

各科目の講師の方から、科目の説明と「生徒の方々に、より効果的に技術や知識を吸収してもらうにはどのような教育方法が有効か」といった内容のお話を伺いました。


2週間の研修を終え、皆さん無事に帰国されました。

文化が全く違いますし、ちょっとびっくりなリクエストや質問も多かったですが(「農耕用のコンバインはどこで買えるのか?」など)、リクエストにお応えすることで、英語やアテンドについて大変勉強になり

これからも、多くのお客様に快適な視察・研修を提供していきたいと思いました。


それでは~~!


▲ PAGE TOP

Posted by 土屋めぐみ  2012-09-27 18:34  | Page URL  | Trackbacks (0)

<スリランカ出張>スリランカカレーにヒーハー!就職と転職と・・・・・。

こんにちは、Value Frontierスタッフの土屋です。

Value Frontierは、ODA関連調査、BOPビジネス支援等の実績で培った経験とネットワークをいかし、海外研修のアレンジやアテンドをお手伝いさせていただいております。

今回は、法政大学の人間環境学部の皆さんと、スリランカに行ってきました!
2004年のスマトラ沖地震の際に津波で被災したサイトで、復興について学ぶフィールドスタディーツアーです。


私は初めてのスリランカ!


力強いインド洋にテンションが上がりっぱなしのみなさん

とにかくスリランカはカレーが辛い!(おいしいけど・・)
辛いものが苦手な方も多く、お腹に負担がかかるのでさすがに若いみなさんもお手上げ。

3日目からはレストランをアレンジし直し、急遽ヨーロッパ風や中華風の食事に変更しました。
無理しないことが一番ですね。
「辛くない~!おいしい~!」と喜んでもらえて良かったです。

スリランカの結婚式。

おみやげ屋さん。

世界遺産シーギリヤロック!頂上まで登りました~!


法政大学の人間環境学部の皆さんとお仕事でご一緒でき、とても思い出深い旅となりました。

ちなみにインターンの平田くんも、このフィールドスタディーのメンバーにいます。
これが平田くんです。


辛いスリランカカレーをヒーハー食べながら、学生さんに「お仕事楽しいですか?」と聞かれることがたくさんありました。

この質問には、期待と不安がぎゅっと詰まっていると思います。
「楽しい」って言って欲しい。通らなければいけない道だから。
「辛い」なら、前もって知っておきたい。出来れば避けて通りたいから。

この裏腹な2つの気持ちを持ちながら、働く会社を決めることになる就職活動は、
きっとストレスだらけで辛いものだと思います。


私は大学卒業後、貿易会社で2年間働き、今年の3月で退職して4月にValue Frontierに転職しました。

なんで前の会社を辞めようと思ったの?とよく聞かれます。

大したことないと思われるかもしれませんが、本当に毎朝、会社に行くために着替えるのがとても億劫だったんです。

一応女性なのでブラジャーをつけるのですが、毎日締めつけらて苦しくて嫌で嫌で仕方ありませんでした。

あと靴も、ビーサンが大好きなのですが、会社にはヒールを履いていきます。
足が毎日悲鳴を上げているんです。


ストッキングを履いて、ベルトを締めて、化粧をして、満員電車に乗って会社へ向かいます。


当たり前ですが毎日同じ電車に乗って同じ場所へ通勤し、周りを見渡せば全員食い入るようにPCに向かって仕事をしています。


毎晩パンパンに浮腫んで帰ってきます。


そしてある朝洋服を着ながら思ったんです。

体を締め付けて、会社に縛りつけて、自分を苦しめているのは、全部自分だったんだ、って。

会社にはなにも不満はありませんでした。

とっても良い会社でした。

それから、私の人生に対する考え方が変わりました。

会社とか、保障とか、せっかく大学卒業したんだからとか、全部なしにして、どんな自分になりたいか考えようと。
そんな中出会ったのが、国際協力と環境という広いプラットフォームを持つValue Frontierでした。

将来に悩んでいる後輩たちを見て、「へぇ~こんなやりたいことやっている先輩もいるんだ」と思ってもらえるような、卒業生の就職先データには出てこないOGになりたいなと思いました。


スリランカ出張がきっかけで、また気を引き締めることができました。
どうもありがとうございました。


(ちなみに現在ブラジャーと靴をちゃんと着用して働いています。心は解放されています。)


次回はスリランカフィールドスタディの内容について、お話しま~す!

▲ PAGE TOP

Posted by 土屋めぐみ  2012-09-11 11:16  | Page URL  | Trackbacks (0)

インターンさせて頂きました吉田です

こんにちは。8月中に6日間インターンさせて頂きました大学2年の吉田翼と申します。

まず、インターンさせていただいた理由としまして、自分は環境系の学部に在籍しており、将来は環境問題を考える仕事に就きたいと漠然と考え、環境関連の仕事を調べていたところ、環境コンサルタントというお仕事を発見しました。

定義上とても面白そうだったのですが、文献等の文字を見てもなかなか具体的イメージが
湧かなかったので、とりあえず企業にインターンに行って、仕事を通して肌で感じようというようなスタンスでインターンに申込みました。

初日はとても緊張しており、入念に勤務開始時刻の1時間前に最寄り駅についたにも関わらず、

おもいっきり道に迷ってしまい、閑静な住宅街を汗だくになりながらもウロウロしていました。笑

客観的に見たら、絶対に怪しい人だと思われていたに違いありません。

奇跡的にも、会社近くでウロウロしていたおかげで、代表取締役の石森さんに声を掛けられ、見事に捕獲されました。笑


肝心な仕事内容はというと、主に以下の2点をさせていただきました。
・「フォレストーリープロジェクト」の協賛企業様に対する報告書の作成
・企業へのCFP導入の提案書作成

「フォレストーリープロジェクト」の方は英語の資料を渡されて、それを基に
パソコンで作成していったわけですが、なかなか要領がつかめず、思うようにはかどらず

迷惑をおかけしたと同時に、もっと学生時代に最低限パソコンと英語だけは勉強しないとどこの企業行っても通用しないなと素直に感じました。

企業へのCFP導入の提案書ですが、こちらもなかなか苦戦してしまいました。

如何に相手企業様へCFPの導入意欲を掻き立てられるか、専門知識がないだけに

アイデアを出すのにも一苦労でした。

しかし、社員の方々のサポートもあり、なんとか形として提案書を作成することができました。

今回のインターンを通して、社会に出ている方々がどれだけ必死になって働いているのかと環境コンサルタントという仕事はどんなものなのかというのを、少しは学べたと思います。

同時に、自分に対して如何に甘い生活を送ってきたのかを理解できたと思います。
このままじゃ就職したとしても何にもできないなぁと感じました。

今後、自分の目標に向けてもっと必死になって、大学生活を送っていきたいと思います。

最後になりましたが、右も左も分からない窓際社員を親身になって指導して頂いたり、
また、昼食はリッチなお店に連れていって頂いた社員の方々には感謝したいと思います。

本当にありがとうございました。

▲ PAGE TOP

Posted by インターン生  2012-09-11 11:08  | Page URL  | Trackbacks (0)
<  2012年09月  >
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30