トップページ

会社概要

お問い合わせ

English

会社概要

プロフィール
代表取締役 石森康一郎

【学歴】
立教大学経済学部経済学科卒業、米国デンバー大学国際関係大学院国際技術政策修士課程修了、英国サセックス大学科学技術政策研究所博士課程単位取得後中退。この間、ジュネーブのUnited Nations Institute for Disarmament Research (UNIDIR)及びUnited Nations Environment Programme(UNEP)にてインターンを実施。

【職歴】
帰国後は財団法人国際開発高等教育機構(FASID)国際開発研究センター及び国際協力銀行(JBIC)プロジェクト開発部にて約6年間勤務。研究・実務内容は主にODAによる水資源政策及び開発事業評価。2006年4月より現職。

【著作等】
・石森康一郎, 事業評価年次報告書2013「セーシェル:マヘ島零細漁業施設整備計画」「マダガスカル:北部養殖振興計画」, 国際協力機構(2013年)
・石森康一郎, 事業評価年次報告書2012「キルギス:IT人材育成(国立ITセンター)プロジェクト」「サウジアラビア:技術教育開発・訓練センタープロジェクト」「ポーランド:ポーランド・日本省エネルギー技術センタープロジェクト」, 国際協力機構(2012年)
・石森康一郎, 事業評価年次報告書2011「マレーシア:ボルネオ生物多様性・生態系保全プログラム」「インドネシア:生物多様性保全センター整備計画」「インドネシア:淡水養殖振興計画」, 国際協力機構(2011年)
・石森康一郎, 事業評価年次報告書2010「カンボジア:第4次地雷除去活動機材整備計画」「パキスタン:ラホール市下水・排水施設改善計画」「モザンビーク:ザンベジア州地下水開発計画」, 国際協力機構(2010年)
・石森康一郎, 事業評価年次報告書2009「スリランカ:コロンボ港改善事業(1)(2)」「スリランカ:コロンボ港緊急改良事業」, 国際協力機構(2010年)
・石森康一郎, 無償資金協力におけるプロジェクト・レベル事後評価~農業・農林業セクター~, 外務省(2009年)
・石森康一郎, 円借款事業事後評価報告書2008「インドネシア:チタリック川流域保全林造成事業」, 国際協力銀行(2009年)
・石森康一郎, 無償資金協力におけるプロジェクト・レベル事後評価~水セクター~, 外務省(2008年)
・石森康一郎, 円借款事業事後評価報告書2007「チュニジア:北部地域導水・灌漑事業」「チュニジア:グベラート灌漑事業」「バルバラ灌漑事業」 , 国際協力銀行(2008年)
・石森康一郎, 現地ODAタスクフォース遠隔セミナー「水と衛生分野におけるマルチ・バイ連携強化を目指して」研修資料(非公表), 外務省(2006年)
・ISHIMORI, Koichiro., “Water-related Issues and International Development” in New Approaches to Development and Changing Sector Issues, pp. 215-242 , FASID (2005)
・石森康一郎, 開発援助情報システム課題別基礎情報「統合的水資源管理」, 国際開発高等教育機構(2004年)
・石森康一郎, 松澤猛男, 日本評価学界第4回全国大会報告論文集「国際協力銀行の取り組み:インドネシアの保健所強化拡充事業を事例に」, pp.360-365, 日本評価学会 (2003年)
・石森康一郎, 開発援助の新しい潮流 文献紹介2002, “A Revised Forest Strategy for the World Bank Group No.26”, 国際開発高等教育機構(2003年)
・石森康一郎, 開発援助の新しい潮流 文献紹介2002, “Water Resources Sector Strategy: Strategic Directions for World Bank Engagement No.24”, 国際開発高等教育機構(2003年)

【その他】
・日本評価学会 会員
Global Reporting Initiative認定トレーニング品質管理委員
・イギリスの国際NGOであるLEAD International(Leadership for Environment and Development)の研修を約2年間に亘りタイ、イギリス及び日本国内で受講し、現在はLEADフェロー。
水のグローバルガバナンス・メンバー
Prizmasolutions(米国)・コンサルタント