トップページ

会社概要

お問い合わせ

English

BOPビジネス支援のご案内

● BOPビジネスとは?

BOPビジネスとは、主として、開発途上国におけるBOP(Base of the Economic Pyramid/年間所得3,000ドル以下の低所得)層に属する生産者、流通・販売者、消費者のいずれか或いはそれらを組み合わせた人々を対象とした持続可能なビジネスであり、現地における様々な社会的課題の解決に資するビジネスモデルのことを言います。BOP層は約40億人、約5兆ドル(日本の実質国内総生産に相当)の規模と言われています。


※TOP(Top of the Economic Pyramid)
MOP(Middle of the Economic Pyramid)
BOP(Bottom of the Economic Pyramid)
出所:「THE NEXT 4 BILLION(2007 World Resource
Institute, International Finance Corporation)」

 

● BOPビジネスの動向

欧米では、人口急増により拡大するBOP市場に早期より注目し、食品やエネルギー事業などの市場規模の大きい分野でシェアを獲得しようとしており、日本政府も2008年秋の世界金融危機以降、新たな市場であるBOPビジネスに注目し、我が国の強みが発揮される省エネや水処理などの技術を活用したBOPビジネスを促進しています。

BOPビジネスの分野と市場規模
事業分野市場規模(ドル)
食品2兆8,950億
エネルギー4,330億
住宅3,320億
運輸1,790億
保健医療1,580億
情報通信技術510億
水道200億
出所:「THE NEXT 4 BILLION(2007 World Resource Institute, International Finance Corporation)」

 


● 弊社サービスのご紹介

弊社はBOPビジネスの展開を検討している本邦企業を支援しており、対象国における投資環境・ビジネス環境調査(政治・経済、投資に関する制度、需要の状況等)、ビジネスモデル策定(原材料・資機材の調達、生産・流通・販売計画等)、事業計画策定のお手伝いをしております。

サービスの特徴

東京商工会議所委嘱「中小企業国際展開アドバイザー」
② 90ヶ国に及ぶネットワークと19ヶ国(※)での調査実績(2012年12月現在)
③ 各種調査の実施における補助金制度の活用を提案
④ BOPだけでなく、今後増加していくMOPをも対象とした調査

※アゼルバイジャン、インド、インドネシア、カンボジア、キルギス、サウジアラビア、スリランカ、セーシェル、タイ、チュニジア、パキスタン、バングラデシュ、フィリピン、ベトナム、ポーランド、マダガスカル、マレーシア、モザンビーク、モロッコ

 

お問い合わせ
Value Frontier株式会社
TEL: 03-5422-9462
Email: info@valuefrontier.co.jp
http://www.valuefrontier.co.jp